美浜大橋付近

花見川が東京湾に注ぐ河口が間近なので
潮の香りがして、川というより海の印象が強いです。
この橋には海を眺めるための張り出しがあったり
海鳥の飾りがついていたりして
なかなか景観にマッチしているなと感じます。



海に向かって左手には
京葉工業地域の煙突などが見えて
いかにも「東京湾」という感じがします。
東京湾と言うと水質的にも
あまりきれいじゃない感じもしますが
浜辺を歩くといろんな漂着物があり
小さな生き物がいる証しがちゃんと見つかります。



変わったところでは、最近(?)話題の
「ミドリイガイ」。
なんでもこの貝、元々は日本生まれではなく
南の海からの帰りに、船の安定のために
積んできた海水に一緒に入ってきたもので
昨今の温暖化の影響か、日本の海でも
生きられるようになり、繁殖しているとか。

異変したムール貝みたいで嫌!
と言う人もいるけれど
私は好きでよく集めに行くんです。
だって緑色の貝殻なんて
日本じゃ珍しいんだもん。



晴れた日には、正面に房総半島が、
右手前方には富士山が見えます。
もっときれいな海もあるけれど
散歩をしたり、釣りをしたり、サーフィンをしたり
みんなこの海が好きなんでしょうね。

・・・のわりには、ゴミが多いです。
自然保護と景観保護のためにも
お互いルールは守りましょう。

トップページへ
トップページへ