真砂大橋・浪花橋付近

真砂大橋から浪花橋の間には
東関道、国道357号・14号線、京成線、JR線と
東京方面に繋がる幹線が横切っています。



この辺りにも橋はあるのですが、川沿いの道がなく
川を眺めながら歩くのは大変なので
しばらくの間、川から離れた道を歩きますが
ここからちょっと寄り道して
検見川の町を散策することもあります。



国道から先がまだ海だった頃は、漁師町として栄え
さらに古くは、街道の宿場町として
江戸時代からの歴史を持つこの町には
寺あり、神社あり、お風呂屋さんありと
新しい町には真似出来ない
落ち着いた風情が見られます。

商店街に昔ほどの活気は見られませんが
一角の肉屋さんで揚げてもらう
コロッケが楽しみで
散歩帰りにわざわざ足を延ばすことも、度々です。

新しく建てられた店や住宅が
だいぶ増えつつありますが
あまり変わってほしくないなぁと
つい、勝手なことを思ってしまいます。

トップページへ
トップページへ

検見川無線送信所のページ
(写真をクリックして下さい)

※大きな写真から戻る際はブラウザの「戻るボタン」をクリックして下さい

↓「検見川送信所」 「愛新覚羅溥傑仮寓」「旧神谷伝兵衛別荘」
  「探検地図 検見川今昔」のページはスクロールして下さい

愛新覚羅溥傑仮寓のページ
(写真をクリックして下さい)
旧神谷伝兵衛別荘のページ
(写真をクリックして下さい)
探検地図検見川今昔のページ
(写真をクリックして下さい)