トップページへ
トップページへ
↓
↓
↓
←
→

@

A

B

C

D

E

まず拾ってきたどんぐりの目方を量りました。25×30cmのビニール袋に半分ほどで大体700gです。次によく洗いますが、そのままビニール袋に水を入れて洗うとなかなか勝手が良いです。ここで浮いてくるものは虫食いの可能性もあるので取り除きましょう。何度も水を換えて洗います。

ザルに移してさらに洗います。

水気を切ったらフライパン(キズがつくので表面に加工のないもの)か中華なべで炒ります。しばらくすると殻に割れ目が入ってきますので、どんぐり全体がそうなるのを目安に弱火で気長に頑張りましょう。時たま、しゃもじなどで全体をかき回すか揺するかしないと焦げますよ。ちなみに700gで30分程かかりました。

炒ったものが冷めたら殻剥きです。ペンチなどでどんぐりのおしりの方を挟むと割りやすいです。この時に渋皮も一緒に剥けてしまいます。

ほらね、きれいに剥けたでしょう。700gのどんぐりから420gの中味がとれました。ここまでが下準備です。
これを使っていったい何ができるのでしょうか。
(調理編は「次ページへ→」をクリックして下さい)


使用したのは「マテバシイ」という比較的アクが少ないどんぐりで、「スダジイ」とともにアク抜きなしで食べられるとされています。どんぐりによってはアクの強いものもありますので、よく調べてからお使い下さいね。

@

A

B

C

DE

どんぐりを食べる(下準備編)