トップページへ
トップページへ

B

A

@

<どんぐり豆腐>

殻と渋皮を取り除いたどんぐり(今回はスダジイとマテバシイを3:2くらい)を一晩水につけておきます。

一晩つけたどんぐりをたっぷりの水で煮ます。沸騰したらアクを取り除きまた水を加えるという作業を何度も繰り返します。(これをしっかりしないとえぐみが残ります)

どんぐりが煮くずれてきます。煮汁がとろっとろになるまで煮続けます(この加減が実はよくわかりません、ちなみに私はしゃもじで鍋底をこするようにかき混ぜて底が見えるくらいにしてみました)。

ザルでこしたものを器に入れ冷蔵庫で冷やし固めます。

出来上がり。わさびじょうゆでいただきました。

アクを取り除く加減がわからず、少しえぐみが残ってしまいました。要はデンプンをうまく取り出せればいいみたいなので、次は違う作り方で挑戦したいと思います。
ちなみにうまくいくと甘みがあっておいしいそうですよ。

C

D

<どんぐり羊かん>

上のCでこして残ったもの(いわゆる絞りカス)に水と寒天と砂糖を加えて作ります。砂糖が利かないので、わりと多めに入れました。

せっかく殻も皮も剥いたのに捨ててしまうのはもったいないなぁという偶然の産物にしてはなかなかイケました。絞りカスじゃない方がもっと風味がいいと思います。

※これは本当においしかったです、お試しあれ。

                    (2005年10月上旬)