トップページへ
トップページへ

上下1箇所ずつ、穴をあける部分に針でキズをつけてからキリを使うときれいにあきます。穴から注射器で中身を吸い出したら、中に水や酢水を注入して洗います。その水は、穴に口をつけて吹き出します。

乾いたらニスを塗りますが、その前に紐を通しておくと吊るせて便利です。ここでニスを塗るのは強度を出すためで、2度ほど塗ります。

この紙を貼ります(作り方はこちら)。はじめは切り込みの入っていない真ん中の部分にのみ接着剤をつけ、卵に貼る位置を決めます。

ぐるっと巻いたら、よく固定します。次に、切ったもの1枚ずつに接着剤をつけ、順番に貼って行きます。隙間ができないように気をつけます。てっぺんの細かい部分が剥がれないように、爪楊枝などでよく押さえます。

全部貼り終わるとこうなります。まだ紙の段々が目立ちますね。これをローラーでよく押さえます。ローラーがなくても爪楊枝の軸を回転させながらあててもOKです。ただ、間違っても紙の表面をこすってはいけません。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

接着剤が乾いたら、仕上げにニスを塗って出来上がり。何度塗るかはお好みでどうぞ。ツヤの出方は紙質によっても異なります。

※大きな写真から戻る際はブラウザの「戻るボタン」をクリックして下さい

用意するもの:
卵、好みの柄の紙や布、ビーズ(お好みで)、紐(お好みで)、針、キリ、注射器(化粧品詰替え用)、
細い筆(接着剤を塗る)、壁紙貼り用のローラー(あれば)、爪楊枝、ニス(水性が楽です)、接着剤(木工用ボンドなど)