鉢台として使っています。伐採の際、「切った枝どうするんですか」なんて声をかけるといただけることもあります。ちなみにこれは桜です。 これ、鳥の形に見えませんか?ニスを塗った以外は、正真正銘、東京湾に流れ着いたままの形です。見つけた時はもう、鳥好きの私に神様が与えてくれたんだと、本気で思いました。(体長約25cm)
オレンジと八角と白こしょうの粒以外はみんな、身近な自然からのいただきものです。 浜辺で拾って来た流木に穴をあけて、チランジアを挿しています。すぐに枯れるかな〜と思いきや、もう3年以上も育っています。
・・・言わずと知れたススキミミズクです。結構有名なのに私は最近まで知らず、本で見てから作りたくて作りたくて。ススキの季節になるまで長かったなぁ。 個人的に大好きなミドリイガイです。揺らすとシャラシャラ音もします。「東京湾の音色」ですよ。


ご多分に漏れず、私もシーグラスってだ〜い好きです。海へ行くたびに拾い集めて来ます。でも、これはいったい何でしょうね?ペーパーウェイトとしてなら使えそうですかね。 80cmほどある流木です。見つけた時からこうしようと思い、チランジアが安く手に入るのを待ちました。大きくなるまで、隙間が寂しいので「おはじき」をつけてみました。ビー玉を埋め込んでも楽しいですね。
「クルミミミズク」です。殻はさすがに堅く、ほんのちょっぴりしか彫るところがないのに、思ったより時間がかかりました。 秋から冬に採っておいたアケビの蔓で作ったものです。蔓の太さが一定でないところが、味わい深いですね。
「ヤマモモ酒」。いつもの川縁に生っていたのを少しいただいてきました。よく洗い氷砂糖とホワイトリカーで漬けました。きれいなピンク色です。2ヶ月程でも美味しく飲めます。お試しあれ。 笛です。
何でできていると思いますか?
ムクロジで遊ぶ(その1)
「しゃぼん玉」


どんぐりを食べる(クッキー・素揚げ)


どんぐりを食べる(どんぐり豆腐他)
カリンのはちみつ漬けを作りました。
クルミを食べる
ソテツで遊ぶ
「豚を作る」
四つ葉のクローバーで遊ぶ
桜の寒天の半生菓子を作る 貝笛を作る
挿し木のアジサイに花が咲きました

トップページへ


陶片ペンダントです。ぶら下げる紐のための穴あけには、ドリルやルーターを使います。ニッパーで好みの形にカットし、ヤスリや砥石で滑らかにします。海中で自然に角が取れたものを使えば、もっと楽です。紐を通す金具の代わりに、テグスとビーズを使っています。

陶片やシーグラスを使ったペンダントトップ、中央段は青磁片です。ステンレスの柔らかい針金を先の細いペンチでクルクルして行きます。模様入りの陶片はあまり飾らず、無地のものは賑やかにしてみました。
100円ショップで買った鏡を、好みの色に塗り直し、チビ陶片とタカラガイを貼りつけました。タカラガイは多少の穴あきでもツヤのないものでも、ニスを塗ればOKです。 フレームです。芯に薄目のベニヤを入れてあります。外側から巻き込んで来た布を、内側でもう一枚の布を貼って留めます。あとは思い出の品々を貼りつけるだけ。←は鎌倉の海に行った記念です。
2005年のクリスマスに作ったものです。緑色の陶片は、青色のものと比べあまり拾えないので、色や形の良いものが見つかったら、日頃からストックしておきます。 イースターによく作られますね。中身を出した卵の殻に、お気に入りの柄の紙を巻きます。千代紙などもいいですし、きれいな布でもOKです。これは浜で拾ってきた陶片の模様をアレンジしました。ツヤと強度を出すために、ニスを塗れば出来上がり。
(詳しい作り方はこちら)

新作は下に追加しています ご覧いただく際は画面をスクロールして下さい

干支シリーズ  毎年暮れになると翌年のを作ります。一回り作ることが目標ですが最大の課題はヘビですかね・・・。

<干支シリーズその1 未>
胴は毛糸で作ったポンポンです。顔の部分は、大きい方がツバキで、小さい方が藤、耳はヒマです。

<干支シリーズその2 申>
頭と胴はプラタナス、耳はツバキです。顔はフェルトです。

<干支シリーズその3 酉>
白い部分はラグラス、脚はナンテンの枝です。ラグラスは色々使えて楽しいので、庭で育てています。

<干支シリーズその4 戌>
胴体はラグラス、鼻は木の実の皮、目はパン粘土を丸めました。
<干支シリーズその5 亥>
体はソテツの種、足はつまようじ、耳と牙はナンキンハゼの実の皮、目はパン粘土。「豚を作る」の時と同じ要領ですね。模様は焼いた金串を押しあてたものです。
<干支シリーズその6 鼠>
頭と胴体はマテバシイのどんぐり、耳は藤の種、ヒゲはチカラシバ、尻尾はヘクソカズラの蔓、目と鼻はパン粘土です。
<干支シリーズその7 丑>
石ころに目と耳を描き加えたもの。何も描かなくても十分に牛の顔の表情を持った石です。
<干支シリーズその8 寅>
まだ思いつかなくて・・・(-_-)
<干支シリーズその9 卯>
いただきものの巻貝に、房総で拾ったタカラガイの耳。目は白キビの実に油性マジックで黒目を入れました。
<干支シリーズその10 辰>
思いつかず・・・

身近で手に入る材料で、いろいろ楽しんでいます。

陶片シリーズ  ブログ「私のページ」にも載せたものです。
トップページへ