材料:粉寒天4g、水140〜160cc、グラニュー糖250g、桜の塩漬け適宜、好みで食紅(赤)・金粉少々
                                   (この分量で桜型大小約30〜35個とれます)

刻んでおいた桜の塩漬けと食紅を加えます。食紅は水で溶いたものを少量ずつ加えます。熱いうちにバットに流し入れ一昼夜、冷蔵庫で冷やし固めます。厚さは好みですが大体6〜7mmほど。

桜の塩漬けをよく水洗いし細かく刻んでおきます。
水と寒天を入れた鍋を中火にかけ、寒天が溶けたらグラニュー糖を加え沸騰したら火からおろします。
(かき混ぜすぎると寒天が固まらなくなるので注意)

トップページへ
トップページへ

40℃のオーブンに入れて表面を乾かしていきます。クッキングシートを敷くとくっつきませんが、ペーパーのヨレに注意です。時間は半日から一日かかります。

桜型または好みの形の型で抜きます。抜いたものは天板に並べていきます。

まだ多少表面に水分が残っているところで、桜の中央に金粉をのせ、さらにオーブンで完全に乾かします。あとは冷めれば出来上がり!

表面がカリっと中はやわらか寒天です。桜以外はコアントローなど香りの良い洋酒を入れるのも好きです。

5.

4.

3.

2.

1.

以前、ご近所の趣味のお茶会に持って行ったらなかなか好評でした。すごく美味しいといったものではありませんが、お茶のお供に一つ二つあると華やかだと思います。(2007年4月)