(ソテツ豚へ戻る)

トップページへ
トップページへ

(ソテツ亥へ戻る)

(ソテツ豚へ戻る)

ソテツの実をご存知ですか?

秋から冬にかけて写真のように濃いオレンジ色のものが株の頂上部につきます。これがソテツの実です。
写真の木の高さは約1.8mほどでした。九州南部や沖縄地方では自生するそうですが、千葉でも公園や街路樹として植えられているのを見ることができます。実や幹には毒性がありますが、毒抜きした実からとれるデンプンは、食料がない時代には食用にされていたこともあるようです。






オレンジ色の皮を取り除き、中の種子だけにします。

乾いてくれば自然に剥けるようですが、柔らかいので包丁などを使って剥くことも出来ます。
で、中身はこの通り!色白ですべすべの肌の種子が入っていました。すでに豚さんの雰囲気が漂っているでしょう?









脚を挿し込むための穴を開けます。

電動ドリルなどを使わなくても、クルミのように堅くないのでキリなどでOKです。ヒビが行かないように、深く開けすぎないように!滑りやすいので下に布巾を敷くなどして、くれぐれもケガをしないようご注意下さいね。










脚を挿し込み、目、耳、尻尾をつければ出来上がり。

ちなみに写真のものは、脚につまようじ、目はパン粘土、耳はサルスベリの実の皮、尻尾はヘクソカズラの蔓を使っています。つまようじは尖った部分を使うと、よりそれらしくできるかも知れません。
                     (2006年1月)



※このアイデアは「RedfoxのTea Room」のまみさん
  に教えていただきました。ありがとうございました。

(ソテツ亥へ戻る)