トップページへ

大和田排水機場 (水資源機構 千葉用水総合事業所)
http://www.water.go.jp/kanto/chiba/index.html

※大きな写真から戻る際は
 ブラウザの「戻るボタン」
 をクリックして下さい

台風や低気圧による大雨で印旛沼の水位が上がり、利根川への自然排水ができない時、先ずは「印旛水門」を閉め利根川からの水の流入を防ぐとともに、「印旛排水機場(最大毎秒92トン)」のポンプを稼動させ利根川へ排水し、それでも沼の水位の上昇が治まらない時には、併せて「大和田排水機場(最大毎秒120トン)」のポンプを稼動させ東京湾へ排水するそうです。

印旛沼の水位が上昇するのは雨が降っている間だけではなく、上流や支流に降った雨が集まってくるのはむしろ雨が止んだ後だそうです。「台風一過の青空」が広がる中、排水機場はフル回転なんてこともあるのですね。
※そういう時は警報設備や警報車で連絡があるそうです。川の水かさが増し流れが急になるので、近づいてはいけません。

また、「大和田排水機場」のもう一つの役割として「流動化運転」というのがあり、これは普段滞留している印旛沼から強制的に排水することで、沼の水を流動化させて水質の改善を図るもので、年に数回行われているそうです。

                 

印旛沼から東京湾へ排水する際、その水路となるのが「新川」と「花見川」ですが、川底が新川よりも花見川の方が高くなっているため、ポンプで水を汲み上げる必要があるわけです。その仕組みは←絵のように、スクリューを回転させて新川(向かって左側)から汲み上げ、花見川(向かって右側)へ排出するといった具合です。(こちらの絵は説明の際に見せていただいたもので、とても分かりやすかったので撮影させていただきました)

「ポンプを動かす」と口で言うのは簡単なのですが、実際はいくつもの工程を踏んで行われる作業です。大きな機械を動かすのですから、事故があっては大変ですものね。ポンプは全部で6基。動力としては、停電時でも使えるように電気モーターの他に、軽油・重油を燃料としたエンジンもありました。

平成20年度まで改築・改修工事が行われる予定で、先日見学した時も、ポンプの交換作業が行われていました。この「大和田排水機場」を含めた3箇所の排水・揚水機場の施設は完成から既に35年以上経過しています。幸い大事には至らなかったようですが、何年か前に老朽化による故障で、洪水排水中にポンプが止まってしまったことがあったそうです。

最近は異常気象による豪雨がよくあるので、流域で安心して暮らせるように、工事が滞りなく行われることを祈っています。

                

川沿いをサイクリングしたり歩いたりする人には、正面よりも裏手の風景の方が御馴染みですね。

←向かって右側の緑色の機械、何だと思いますか?
実は「除塵機(じょじんき)」と言って、吸水口付近に溜まった川のゴミをこれで取り除くのだそうです。川沿いを歩いていてもそうですが、ここでも枯れ草や葉っぱ以外に「人間の出したゴミ」が多かったです。みんなできちんとルールを守って、自然を美しくしていきたいものです。(2005年3月)

※施設を見学する際は事前の申し込みが必要です。

トップページへ