一般の地図に「三番瀬(さんばんぜ)」と載っていることはあまりありませんが、東京湾の一番奥に位置します。昔は木更津(きさらづ)まで続く干潟でしたが、埋め立てにより現在は市川市と船橋市の沖に残っているのみです。

今回行った「ふなばし三番瀬海浜公園」からは歩いて干潟に出られますが、場所によっては船でしか行けない中洲状態の所もあります。

干潟では別段探し回らなくても、普通に歩いているだけで色々な生き物に出会えます。写真以外にもアサリ、マテガイをはじめ、エビ、さまざまな種類のカニや小魚・・・と、東京湾はこんなに豊かな海だったのかと思いました。

トップページへ
トップページへ

三番瀬についてもっと知りたい場合、三番瀬案内所(市川市三番瀬塩浜案内所)に行くのがオススメです。こちらでは、三番瀬の生き物が水槽で飼育されていて、名前や生態などについて詳しい説明を聞くことができます。また、葦(よし)やアマモを植えて育てる東京湾の水質改善に向けた活動なども、なかなか興味深いです。

「三番瀬」と言うと、干潟自体のことよりも「埋め立て計画」に対しての「環境問題」の方が先行し、ちょっと近付き難いイメージもありますが、多くの生き物たちが迎えてくれ、人なつっこい感じのする場所です。行ったことのない方は、是非どうぞ!東京湾への思い入れが変わるかも知れませんよ。
(2005年7月)